西尾市民病院公式サイト【スタッフ紹介】

愛知県西尾市熊味町上泡原6番地
TEL:0563-56-3171(代表)

スタッフ紹介

村井 美幸(Miyuki Murai)

【6階東病棟】

村井 美幸 村井 美幸

【看護師になろうと思ったきっかけは】

中学生の時に母が急に倒れました。私はその時母のそばにいましたが、びっくりして本当に不安でした。母は救急車で近くの病院に運ばれました。私は、急なことで怖くてどうしていいのかわかりませんでした。

そんな中で、病院の医師や看護師のみなさんは私にまで親身になって対応していただきました。特に看護師さんは、私が病院に行くたびに、大丈夫だよとか私を安心させるような声をかけてくださいました。その時に、看護師さんってすごいなと思いました。看護師さんの一言で患者さんや家族を安心させたりできて、かっこいいなと思いました。看護師という仕事に憧れをもち、看護師になりたいと思うようになりました。

【実際に看護師になってみた感想は】

看護師になって現在3年目ですが、1年目は1日1日乗り越えるのが精一杯でした。心に余裕もなく、やれることも少なかったです。いつも患者さんのことよりも自分のことで精一杯でした。先輩看護師に、「患者さんの目線で考えられていない」と注意を受けることもありました。

2年目になり少しずつやれることが増え、夜勤でも休日でも1人前の看護師として数えてもらえるようになりました。自分の感じる責任も重くなりました。また、知識の不足も身にしみて感じ、もっと勉強しなくちゃと思いました。

3年目になり心の余裕が持てるようになってきました。他のスタッフとのコミュニケーションの取り方もスムーズになってきました。スタッフ同士の中が良いことは職場の雰囲気が良いことにつながり、患者さんにとっても良いことだと思います。スタッフ間のコミュニケーションが良いことは患者さんの安心感にもつながると思います。

今は、仕事に来るのが楽しいですし、仕事にやりがいを感じています。とくに患者さんから「ありがとう」と言われると、看護師になってよかったなと思います。私からすると些細なことでも、患者さんからは「こんなことまでしてもらってうれしい」という言葉が聞かれます。人の支えになる、人の役に立つことを仕事にできて良かったと思っています。

【看護師として大切にしていること ~マイポリシー~ 】

明るい雰囲気、笑顔、良く笑うことに心がけています。笑うことで沈んでいる気分も軽くなります。患者さんから「あなたは明るくていいね」と言われます。

病気や不安で気分の落ちこんでいる患者さんに、看護師が暗い表情で、不機嫌そうな雰囲気で接すると、患者さんは看護師に言いたいこと、聞きたいことがあっても遠慮してしまいます。いつでも、些細なことでも看護師に遠慮せずに伝えてもらうために、こちらの表情や態度に気を付けています。

【今まで看護師として働いてきて、心に残っている患者さんは】

脳腫瘍の70歳代の女性のAさん。初めてAさんのことを知ったのは、新人の時でした。まだ、病状もそれほど進行してなくて日常の生活動作は自立してみえました。放射線治療や抗がん剤の治療が行われました。Aさんの病気は徐々に進行していき、歩けなくなりベッド上の生活になりました。自分のことは自分でやりたい人でしたので、日常生活が自分でできない悔しさや、脳腫瘍なので死のイメージ、不安や恐怖があったと思います。Aさんは帰宅願望が強く、家に帰りたいといって泣いてみえることもありました。さらに病状が進行し、失語症になり、思っていることが伝えられなくなってきました。失語症で何を言っているのか分らないことも多くなってきました。不安が強くナースコールを何回も押してみえました。私は検温の時にできるだけAさんの話をゆっくり聞くようにしました。できるだけ訪室して顔をみせて「調子はいかがですか」と聞くように心がけました。Aさんは私の顔を覚えてくれて、夜勤のあいさつで訪室すると、「あなたが担当なの。朝まで・・・安心・・・」と時々わかる単語が聞かれました。Aさんは自分の言葉が伝わった時は泣いて喜んで見えました。コミュニケーションをとることしかできませんでしたが、コミュニケーションをとることが大切な看護の基礎だと感じました。

Aさんから多くのことを学びました。言葉以外の手段でも意思の疎通ができること、コミュニケーションを取ることが大切であるということです。これからも、これらのことを大切に看護をしていきたいです。


洞 愛(Megumi Hora)

【5階西病棟】

洞 愛 洞 愛

【看護師になろうと思ったきっかけは】

中学生の頃、テレビ番組で海外青年協力隊で活躍する看護師のドキュメント番組を見ました。その人は看護師の免許を持ち、発展途上国の貧困地域で働いていました。言葉が通じない中でも、医療の知識と他の人への思いやりの気持ちをもって生き生きと働いている姿に感動しました。医療の知識があり、誰かを助けたい、役に立とうという気持があれば、言葉の壁を超えて活躍できるんだと思いました。その時から、人の役に立つ仕事がしたい、看護師を目指したいと思うようになりました。

【実際に看護師になってみた感想は】

看護師になって1年目、2年目の頃は、自分が学生の時に学んだこと以上に覚えることが多くて大変でした。今では看護師になって12年たちますが、これまで経験してきた1つ1つのことが自分の看護師としての成長につながっていると思っています。

気持ちに余裕が出てきて、広い視野で患者さんやスタッフのみなさんと関わることができるようになってきました。自分の果たす役割もみえてきて、看護師としての仕事にやりがいを感じているので仕事に来るのも楽しいです。

【看護師として大切にしていること ~マイポリシー~ 】

患者さんは、入院するということで不安がいっぱいだと思います。不安を和らげるために笑顔で接することに心がけています。また、患者さんの立場を理解するように心がけ、家族の思いを引き出せるような安心感を与えられるような関係がもてるように心がけています。

【今まで看護師として働いてきて心に残っている患者さんは】

Aさんは、末期癌の男性患者さんで入退院を繰り返してみえました。自分の死のことを受け入れて、自分はこう亡くなりたいと具体的にイメージしてみえました。「最期の時は、家族に見守られていたい。痛みだけ取り除いてほしい。酸素や点滴、モニターなどは付けないでほしい」と自分の希望をしっかりもってみえました。

急性期の病院で何もしないということはあまりないことなので、本人の意向通りでいいのか迷いがあり、医師、看護師、家族で繰り返し話し合いました。その結果、本人の意向を尊重しようということで、最期は何もつけず、家族に見守られて静かに亡くなられました。この経験は私にとって貴重な経験になりました。

亡くなった後、家族も本人の意思を尊重できたということで満足そうでした。私も病棟スタッフの一員として、Aさんの意向に沿えて良かったと思っています。Aさんには、お孫さんが生まれる予定があり名前も決まっているようでした。わたしに○○と名前を付ける予定と教えていただいたことを思い出します。人生の最後の時のケアで大事なことは本人の思いを尊重することだと思っています。


香村 美鈴(Misuzu Komura)

【放射線科外来】

香村 美鈴 香村 美鈴

【看護師になろうと思ったきっかけは】

私は小さい頃から母に看護師になるといいよと言われていました。言われ続けているうちに、何となく自分でも看護師になりたいと思うようになってきました。高校生の時にボランティア活動で老人ホームや養護施設に行っていました。その中で、老人ホームで働きたいと思うようになりました。そのことを高校の先生に相談したところ、先生は、看護師の免許を取ってからでも遅くないと言われました。そこで、准看護師の免許を取ろうと思い、准看護学校に行きました。当時は准看護学校に行くということは、働きながら学校に通うという人が多かったです。私も個人病院で働きながら学校に行きました。午前中は病院で勤務して、午後1時から5時までは学校で勉強しました。そして、学校が終わるとまた午後6時から9時頃まで勤務するという毎日でした。

仕事と学業の両立は大変でしたが、職場の人間関係には恵まれていて何とか続けることができました。2年間で准看護学校は卒業でしたが、クラスメイトとの会話の中でこれからの時代は正看護師の資格を持っていた方が良いうことになり、卒業と同時に正看護師の専門学校に行くことにしました。そこでの3年間で大変だったのは、何と言っても実習でした。大学病院で実習をしていましたが、バスを貸し切って実習に行く途中でも教員の先生と打ち合わせをしていました。

本当に大変だったけど、今ではいい思い出です。

【実際に看護師になってみた感想は】

正看護師の免許を取り、はじめは大学病院に就職し消化器内科とリウマチ感染症の混合病棟に配属になりました。多忙な病棟で変則2交代勤務で、初めの1年は本当に覚えることが多くて大変でした。でも、たまたまその病棟に1つ上の個人病院の時の先輩がみえたので心強かったです。その病院は4年間勤務し、結婚、出産後に一旦復帰しましたが引っ越すことになり退職しました。その後、保育園の看護師として勤務したり、特別養護老人ホームで勤務しました。その後、当院に就職し、最初の2か月は病棟でしたが、その後、放射線科に異動になり現在で7年目になります。

専門的な検査や処置が多いので学ぶことが多くて奥が深いです。看護師としてずっと働いて来て、やりがいを感じています。私は看護師になって良かったと思っています。私がそうであったように、私も自分の子供に看護師の仕事はいいよと伝えています。

【看護師として大切にしていること ~マイポリシー~ 】

“笑顔を忘れずに”を心がけています。患者さんは検査や治療を受けられるとき不安があります。痛みを伴ったり、苦しかったりする検査や治療も多いので当然だと思います。患者さんから「大丈夫ですかねー」と聞かれることもあります。不安の強い患者さんには、検査中、体をさすってあげたり、手を握ってあげたりしています。認知症の患者さんが検査を受けられることもありますので安全に検査ができるように心がけています。

放射線科の看護師として、少しでも患者さんの不安や苦痛が少なくなるように心がけています。

【今まで看護師として働いてきて心に残っている患者さんは】

30代の男性の患者さんで胃がんの方でした。奥さんがいて子どもさんはまだ小さかったと思います。胃がんということは本人の希望で、奥さんには伝えていなかったようでした。抗がん剤の治療のために入退院を繰り返してみえました。奥さんには胃潰瘍の治療と伝えていたようでした。患者さんは抗がん剤の治療を何回か受けられましたが、がんが進行して全身状態が悪化し、意識がなくなるような状態になられました。その段階で初めて奥さんに医師から夫が胃がんであり、危篤状態であることが告げられたようです。奥さんは相当ショックだったようでした。すぐには現実が受け止められず、廊下を何度も立ち止まりながら患者さんの病室に戻っていかれました。その姿はいまでも私の記憶に残っています。奥さんも心残りがあっただろうと思いました。真実を告げるのは辛いことかもしれないけれど、真実を告げないこともそれ以上に辛い結果になることもあることを知りました。

今、放射線科に勤務していて、検査をされた患者さんは、検査後に、医師より「検査の結果、たぶんいいものではない」「次にみえるときは家族の方と一緒に来てください」と言われることがあります。患者さんは検査結果が悪いもの、つまり癌だと察し表情が一瞬固まり、その場の空気が重くなることがあります。そばにいる私もどんな言葉をかけたらいいのかと迷いますが、患者さんの気持ちを思いやり、辛い気持を共有するようにしています。看護師にできることは患者さんをそばで支えること、これからも患者さんの気持ちを思いやり、少しでも支えることができる看護師でありたいと思います。