西尾市民病院公式サイト【形成外科】

愛知県西尾市熊味町上泡原6番地
TEL:0563-56-3171(代表)

形成外科

形成外科のご紹介

木内達也 形成外科部長写真

木内達也 形成外科部長

形成外科は、言葉のかんじが整形外科に似ていたり、「美容外科」が「美容整形」という表現を用いることもあり、正しく認識されていないのが現状です。

形成外科を一言で表現すると「形成外科とは、先天性および後天性の身体外表の形、色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科手技により、形態解剖学的に正常にすることを手段とし、その目的は個人を社会に適応させるものである。」と定義されます。つまり、「手術などを通じて、主として外からわかるいろいろな不具合を、さまざまな範囲にわたって引きうけて治療しましょう」という科です。

具体的には

  1. 先天異常(口唇、耳、指の奇形など)
  2. 外傷(交通および労働事故による顔や四肢のけが)
  3. 熱傷
  4. 瘢痕(傷跡やひきつれ)
  5. 皮膚腫瘍(あざやしこり)
  6. 術後欠損(他の科と共同して行う再建)
  7. 皮膚潰瘍(褥創や糖尿病によるもの)

などが治療の対象になります。

外来担当医表

外来担当医表
 
午前 木内 達也 田中 隆太郎 木内 達也 ※休診です 田中 隆太郎

担当医師

担当医師ご紹介
職名 氏名 専門分野・資格等
形成外科部長 木内 達也 形成外科一般
先天奇形、顔面外傷、褥瘡など
※日本形成外科学会専門医
※美容レーザー適正認定医
※皮膚腫瘍外科指導専門医
※日本創傷外科学会専門医
医師 田中 隆太郎 形成外科一般

地域医療連携への取組

形成外科がどんな科であるかを知って頂くため、形成外科で扱う疾患、病態の啓蒙に努め、また患者さんのQOL向上を第一の目標とします。主治医の先生からご依頼があった場合、褥瘡訪問診療を行っています。平成23年に西尾褥瘡研究会を発足し、2ヶ月毎に開催しています。地域医療に貢献できるよう努力していきますので、今後ともご希望・ご相談をお寄せ下さいますようよろしくお願い申し上げます。

診療の特色

形成外科とは外傷・先天異常・腫瘍などにより生じる主に外表の組織欠損、変形、醜状に対する治療を行います。

診療内容

  1. 熱傷
  2. 顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷
  3. 顔面、手、足、その他の先天異常(唇裂口蓋裂、多指症、合指症、副耳、埋没耳など)
  4. 母斑、血管腫(赤あざ)、良性腫瘍、太田母斑、異所性蒙古斑
  5. 悪性腫瘍およびそれに関連する再建、皮膚癌、乳房再建
  6. 瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド
  7. 褥瘡、難治性皮膚潰瘍
  8. その他 眼瞼下垂症、顔面神経麻痺、陥入爪

レーザーによる治療

  • Qスイッチレーザー:太田母斑、しみ、刺青
  • 色素レーザー:血管腫
  • 炭酸ガスレーザー:黒子、いぼなど

光治療器(IPL)による抗加齢治療