西尾市民病院公式サイト【その他のお知らせ】

愛知県西尾市熊味町上泡原6番地
TEL:0563-56-3171(代表)

当院で行っている臨床研究についてのお知らせとお願い(H30-1)

更新日:2018年05月16日 水曜日

当院では,以下に記載した研究を実施しています。この研究は、患者さんの過去の診療録(カルテ)と検査実施記録(部門システムの検査実施録)からの情報を利用します。

課題名:造影CT検査の安全管理および副作用についての検討
【概要と研究の目的】
1:造影CT検査について
画像情報室はX線検査をはじめとする、画像検査全般を扱っています。造影CT検査とは、造影剤と呼ばれる薬剤を静脈より注入し、その分布を適切なタイミングで撮影することで、単純検査(造影剤を使わない撮影)では見分けることの難しい病変や、診断効率の向上、血管の走行や状態などを知ることが出来るものです。
2:造影検査のリスクとその対処方法について
稀にではありますが、この検査により副作用の発現が見られ、薬剤添付文書上ではごく軽度なものを含めると2~4%程度の患者さんに何らかの有害事象が起こるとされています。また、造影剤自体は尿として排出されるため、腎臓の機能によってその排出が障害され造影剤腎症という病気を引き起こすことも懸念されます。私たちはこれらのリスクを検査ごとに事前に調査し、必要な場合は点滴等の事前処置をしていただき、より安全に検査が進められるように診療科の医師や検査内容を管理される放射線科医師と連携して実施しています。また、副作用を発症された方に対しては、その履歴を適切に記録として残し、次回以降の検査時に適切に対処できるようにしています。
3:研究目的
造影検査の実施記録を診療録(カルテ)および検査実施記録の内容を整理し、造影検査に関わるスタッフにその現状を周知し、十分な教育をしていきます。また、最新のガイドラインに沿って、これまで管理対象外であった内容についても調査しシステムの改善や見直しを行うことでさらに安全性の高い検査体制の確立を目指したいと考えています。

【調査対象者および情報について】
調査対象は2015年1月1日~2018年3月30日に当院で造影CT検査を実施された患者さんです。調査項目は、アレルギーの有無、使用造影剤の種類や注入方法、副作用の発生の有無、副作用があった場合は発生の時期や症状、重症度、これに対して行われた処置内容、採血結果の数値(腎臓の機能に関わる項目)、糖尿病の有無および糖尿病薬の服薬状況です。

・検討に際し個人情報が特定される、または公表されたりすることはありません。
・「西尾市民病院臨床研究倫理委員会」の承諾を得て実施します。
・この研究に関する問い合わせや自身の情報の利用を希望されない方は以下の問い合わせ先までご連絡ください。

【問い合わせ先】
西尾市民病院 画像情報室
研究責任者:亀島 英典
電話:0563-56-3171



このエントリーをはてなブックマークに追加