西尾市民病院公式サイト【病院通信】

愛知県西尾市熊味町上泡原6番地
TEL:0563-56-3171(代表)

2019年11月号 インフルエンザの予防接種について

更新日:2019年11月18日 月曜日

   感染管理認定看護師  青木 美由紀
 
  毎年秋から冬にかけて、インフルエンザが流行し、人によっては重症化する恐れもあります。
インフルエンザの感染を広げないために、一人一人が 「かからない」「うつさない」対策をしましょう。

① 栄養と休養を十分取り、適度な湿度を保つ
② 人ごみを避け、マスクを着用する
③ 外出後の手洗いとうがいを行う

 これらの対策のほかに、インフルエンザワクチンによる予防もあります。ワクチンはそのシーズンに流行することが予測されるウイルスを用いて製造されています。ワクチンの効果が持続するのは約5か月間といわれています。このため、昨年インフルエンザワクチンの接種を受けた方であっても、今年のワクチン接種を検討して頂く方が良い、と考えられます。
 ワクチン接種は流行前の10月~12月ごろに毎年接種することをお勧めします。ワクチン接種希望の方は、かかりつけ医にご相談ください。

 【 西尾市民病院からのお知らせ 】

インフルエンザ流行期は入院患者さんへの感染を防ぐため面会を制限させていただくことがあります。病院ホームページまたは、院内掲示物をご確認ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加