西尾市民病院公式サイト【病院通信】

愛知県西尾市熊味町上泡原6番地
TEL:0563-56-3171(代表)

2018年11月号 インフルエンザの予防方法について

更新日:2018年11月16日 金曜日

   感染管理認定看護師  青木美由紀
 
  毎年秋から冬にかけて、インフルエンザが流行します。高熱や関節の痛みなどを伴い、人によっては
重症化する恐れもあります。流行を防ぐためには、原因となるウイルスを体内に侵入させないことや周囲
にうつさないようにすることが重要です。インフルエンザの感染を広げないために、一人一人が
「かからない」「うつさない」対策を実践しましょう

①栄養と休養を十分取り、適度な湿度を保つ
②人ごみを避け、マスクを着用する
③外出後の手洗いとうがいを行う

  これらの対策のほかに、インフルエンザワクチンによる予防もあります。流行前の10月~12月ごろに
毎年接種することをお勧めします。インフルエンザワクチンは、インフルエンザにかかった場合の症状を
軽くさせる効果があり、ワクチンを接種した高齢者は、インフルエンザによる死亡や肺炎等を合併した
入院を減少させることができると言われています。
  インフルエンザワクチンの効果が期待できるのは、接種した(13歳未満の場合は2回接種)
2週間後から5か月程度と考えられています。
  ワクチン接種希望の方は、かかりつけ医にご相談ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加